失業給付は、アルバイトしても、もらえるのか?

こちらのブログに、「失業保険 アルバイト」というキーワードで、来たので、どちらなのか、考えてみました。

失業給付はアルバイトでも、入れるのかということを知りたいのか、それとも、失業給付をもらっている間、アルバイトしてもいいのか、そのどちらかなのかなと思いまして、両方について書いてみます。

失業保険(雇用保険)は、アルバイトでも入れるのか

失業保険、正確に言うと、雇用保険ですが、アルバイトの人でも入れるのか?と疑問に思う人も多いと思います。

特に、最近は、非正規社員も増えまして、社員を増やすよりは、派遣社員やアルバイトで補おうとする企業が増えています。事務系の場合、正社員とほぼ同じような仕事でも、アルバイト扱いということもあります。

それで、アルバイトだから、雇用保険に入れないのでは、と思う人もいますが、雇用保険は、アルバイトだろうと、パートだろうと、そのような名称には、関係ありません。

「1週間の所定労働時間が20時間以上」ということと、「31日以上の雇用の見込みがある人」は入れます。

 

これに該当するのに、会社が雇用保険に入れてくれない、という場合や、会社に聞いても、入っているかわからない場合、ハローワークに行って「確認照会」をしてもらうと、いいです(本来は、「雇用保険被保険者証」又は「雇用保険資格取得等確認通知書(被保険者通知用)」が、会社から渡されますので、これでわかることになっています)。

事業所の所在地又はご自分の住所を管轄するハローワークに、住所と本人確認できるものを持っていきます。結果は、「雇用保険被保険者資格取得届出確認照会回答書」によってお知らせします、とのことなので、電話では答えられないそうです。

 

なお、昼間の学生(休学中や卒業見込みがあって、卒業前に働く場合など例外有り)や、同居の親族、家事使用人など、雇用保険に入れない人もいますので、それには注意してください。詳しいことは、ハローワークでわかります。

主婦の方などは、アルバイトのほうがいいという方も多いですし、事務系仕事もあるようです。

バイトル[時給1,200円以上]を検索
バイトル[時給1,200円以上]の一覧

 

失業給付をもらっている間、アルバイトはできるのか

次は、失業給付をもらっている間、アルバイトはできるのか、です。これは、不正受給とのことがあるのでしょう。

ハローワークのサイトにも、不正受給の典型例として、

就職や就労(パートタイマー、アルバイト、派遣就業、試用期間、研修期間、日雇などを含む。) したにもかかわらず、「失業認定申告書」にその事実を記さず、偽りの申告を行った場合
自営や請負により事業を始めているにもかかわらず、「失業認定申告書」にその事実を記さず、 偽りの申告を行った場合
内職や手伝いをした事実及びその収入を「失業認定申告書」に記さず、 偽りの申告を行った場合

など、他にもありますが、書いてあります。
このような不正受給になりますと、いわゆる「3倍返し」になりますので、結局は、ものすごく不利です。

 

失業認定申告書に書いたら、失業給付はまったくもらえなのか。

これは、場合によります。

まず、以前にも説明しましたが、「就業手当」というものがあります。

これは、再就職手当の対象にならない形で、職業に就いた場合(主に、アルバイト)に、その日ごと、基本手当日額の10分の3を支給するものです。1年を超えない雇用形態で、アルバイトが決まった場合などです。例えば、1ヶ月だけ、週4日、働いてほしいと決まった場合、この場合は、週4日は就業手当として、週3日は今までの基本手当、のようになります。支給残日数のことなどありますので、詳しくは、以前の記事の「就業手当」をご覧ください。

再就職が決まった場合の手当について

 

次に、基本手当の減額(もしくは、不支給)の場合があります。

これは、失業期間中に労働によって収入を得たら基本手当から、収入額に応じて、減額するというものです。

1,アルバイト収入1日分の金額から控除額(1,289円)を引きます。この金額と基本手当日額との合計額が、賃金日額の80%を越えない時→基本手当は「全額支給」されます。
2,アルバイト収入1日分の金額から控除額(1,289円)を引きます。この金額と基本手当日額の合計額が、賃金日額の80%を超える場合→この超えた金額分を基本手当日額から引いた残りの額が、「減額支給」として出ます。
3,超過額が基本手当日額以上の金額の場合は、「不支給」となります。

 

基本手当日額および賃金日額は「雇用保険受給資格者証」に記載されています。控除額については、毎年見直されていますので、最新のものを参照してください。

上記については、ハローワークでの求職申し込みの時に、「雇用保険受給資格者のしおり」というものを渡すそうで、それに書いてあるとのことです。よく読んで見て下さいね。

 

どちらにせよ、ハローワークには、事実を正確に申告することです。失業認定申告書に、アルバイトをした日と、金額を書くことになっていますので、正確に書きましょう。あとで困るより、正直が一番です。

アルバイトをしていない日については、基本手当が出るのですから、「3倍返し」をするよりは、ずっといいはずです。