アルバイト求人サービスの「an」の調べによるバイト平均時給

今回のブログは、雇用保険や転職活動に関する情報というよりは、働く場についてのことになります。アルバイトに関しての話ですが、他の仕事にまったく関係ない話、とも言い切れません。自分は、飲食やサービス業、小売業で働くわけではないから、と思わずに、関心を持っていただきたいです。アルバイトの時給は、現在の人手不足の状況を反映します。人手不足だと時給を上げないと働いてもらえません。

 

今回の調査時期は、8月です。8月と言えば、多くの学生がアルバイトをする時期です。いつもは勉強に忙しい学生でも、夏休みはバイトする、という人もいます。理科系で、実験があるような学生だと厳しいのかもしれませんが、それでもいつもの時期よりは多くなっているばずです。また、夏休みの期間だけ働いてほしいというお店もありますからね。

 

以前に書いたブログでは、主に三大都市圏のアルバイトの平均時給についてのことを書きましたが、今回は、全国平均の金額についてのことです。

 

インテリジェンスが運営するアルバイト求人情報サービス「an」の調べによると、8月のアルバイト平均時給は、全国平均992円だったそうです。前年の同じ月に比べて10円上昇していたとのこと。求人数にいたっては、前年同月比30.5%増になったそうです。

 

掲載された求人広告から分析したそうですよ。それならば信頼できますよね。173職種ということですから、けっこう職種は広いのですね。

 

2016年9月16日公表のプレスリリースより

アルバイト求人情報サービス「an」調べ 2016年8月 アルバイト平均時給 全国平均992円

【全体】~ 平均時給 992円。求人数は前年同月比+30.5%

2016年8月の全国平均時給は992円(前月988円、前年同月982円)となり、前月比で4円増加、前年同月比で10円増加となりました。求人数(※)は前月比±0.0%、前年同月比+30.5%と、前年同月比での増加が継続しており、依然として採用難は続いている状況です。

【エリア別】~インバウンド需要の影響により「北海道エリア」「九州エリア」の時給が継続して上昇

エリア別平均時給は「関東エリア」が1,056円で最も高く、次いで「関西エリア」が1,005円、「東海エリア」が955円、「九州エリア」が878円、「北海道エリア」が861円、という順になりました。「北海道エリア」は前年同月比18ヵ月連続増、「九州エリア」は前年同月比36ヵ月連続増と、インバウンド需要による時給の上昇が継続しています。

 

以前のブログにも書きましたが、やはり、三大都市圏、関東エリア、関西エリア、東海エリアの時給は高いのですが、それでも九州や北海道で、連続増となっています。旅行シーズンだったということもあるでしょうが、もはや、全国的に時給はあがっているとみたほうがいいようです。

 

最低賃金の上昇でバイトの時給も変わる

これから、アルバイトを探そうと思っている人にも、上記の平均時給については参考になると思います。相場より、あまりに低いと考えてしまいますからね。

気をつけてほしいのが、最低賃金のことです。これによって、10月以降の平均時給はこの調査時点よりも、全体が上がっている可能性があります。最低賃金ちょうどの時給の人が上がることがわかっていますから、全体としてみると変わってくるでしょうね。

 

毎年10月以降は、あらゆる地域で最低賃金が変わっています。ほとんどの発行年月日が平成28年10月1日で、一部もう少し遅い県もあります。

厚生労働省のページより
平成28年度地域別最低賃金改定状況

最低賃金より少ない時給ではないかどうか、絶対にバイトをする前に確認しておきましょう。学生だから最低賃金以下で働かせていい、という理由はありません。働く人すべてに適用です(産業別の場合のみ、18歳未満又は65歳以上の方のような一部例外あり。下記サイトで確認)。

厚労省の最低賃金のサイト
ポイント!最低賃金|適用される対象者は?

 

また、今年はこれまた、10月以降501人以上の会社で働く人の場合、社会保険適用となる範囲が広がります。その点、社会保険が適用とならない働き方(時間を少なめにするなどで調整する人)を選ぶ人もいますので、その分、人員の配置の都合やシフト管理で、またさらに人手不足となるおそれもあります。

【追記】
上記記事を書いてから1週間後に、2016年9月の最新情報が発表されました。

アルバイト求人情報サービス「an」調べ 2016年9月 アルバイト平均時給 全国平均1,003円

それによりますと、アルバイトの時給は全国平均で1,003円、前年同月比25円増となったとのことです。全国平均で、1,000円を突破したとのことになります。すべてのエリアで時給が増加していました。

求人数は、前月比6.6%、前年同月比39.6%増とのことで、ともに増加しており、採用難が継続しているであろうことがわかります。特に前年と比べるとものすごく増加していることがわかります。

10月分は11月に発表になるかと思いますが、更なる時給アップとなることでしょう。アルバイトの時給は、1,000円越えの時代だと言えるでしょう。