有給休暇のルールなど働く場では知らないと損をする

いちおう、転職と書きましたが、これは、就活の大学生、高校生、さらにはバイトをしている学生にも当てはまる話です。

労働法を学んでおこうということです。

これまでブラック企業で自分の健康を損なってまでその会社で働くくらいなら、転職してしまったほうがいいのではないかということを書いてきました。

そのような労働条件の悪い、人を大事にしない企業はこれからは、すたれていくと思っているからです。

それには、働く側の人たちがブラック企業をブラックと思っていないようでは困るのですよ。従業員の側も労働法を知らないと、こんなものかと思ってしまうからです。

これは正社員だけの話ではありません。特に若い人たちに知っておいてほしいです。労働法というと、なにか法律と聞くと難しいことかと思ってしまいますが、要は、ルールです。決まりごとです。

決まりごとを守らないおじさん、おばさんがいるから、アルバイトにノルマをかして、ケーキを買わせるとか、数分遅刻しただけで、その日のバイト代全額払わないだとか、レジの金額があわないと、バイトにその分のお金を払わせて補填させるとかとんでもないことがまかりとおることになってしまうのですよ(私も十分におばさんですが)。

会社は働いてくれる人の労働力で利益を出しています。儲けの部分は、自分たち会社のもので、損した部分(レジの金額があわないなど)は労働者に押しつけるなどという都合のいいことはできないきまりなのですね。

前置きが長くなりましたが、高校生でも、すでに働いていてこれから転職をする予定の人も、面倒くさがらず、労働法(働くためのルール)を学んでおこうという話です。

「就職面接では会社は何を質問してもいいの」に答えられますか?

会社側にいいように使われるのではなく、働く側も賢くありましょう。

せっかく厚生労働省がこのようなeラーニングのサイトを作っているのです。利用は無料なのですから、使ってください。

労働法?勉強?と思わずに、漫画でとっつきやすくなっていますよ。

そのサイトはこちら↓↓
>>>e-ラーニングでチェック!今日から使える労働法~Let’s study labor law~

こういうものは、スマホで手軽にはじめてくださいね。

そうすれば、働く前に労働条件の確認はいかに大事なのだなとわかります。

書面で確認ですよ!

さらには、このサイトでは、労災のこと、仕事中のケガについても書いてあるそうです。

それと最近多くなっていると聞く、バイトを辞める時のトラブルについても(これは正社員でも同じことですが)書いているということです。今はかなりの人手不足が問題になっていますから、おいそれと辞められないと言われるようになってきている、そのようなトラブルが増加とのことです。次に働く人を見つけてこないと辞められないというようなものが典型例です。

給与が出ない、休み取れない、残業代出ない、休日出勤が強制など、ありませんか

労働関係でトラブルになった時に、どこに相談したらいいのか。それも重要ですよね。自分や友人だけでは問題解決にならないことが多いので、専門家の助けが必要になりますから、相談先も知っておくべきですよ。

上記サイトに書いてあるのですが、

働くルールを事前に知ることは、気持ちよく働くことや仕事をよりスムーズに進められるだけでなく、自分自身を守ることにもつながります

これってものすごく大事なことです。

内容は基礎編と応用編になっていて、応用編では、テスト形式でどれくらい理解できたのかわかるようにもなっています。

例えば、このようなことを知ることができますよ。

休みがしばらく取れない、これって違法ではないの?
出来高払制の場合は営業成績が悪いと給料がなくなるの?
残業代が最初から基本給に含まれていたら、それ以上の残業代は出ないの?
休日にある会社のイベントへの参加は断れないの?

とにかく、私の説明よりも上記の厚生労働省のサイトを見てくださいよ。可愛い女の子のイラストがでてきますから。


 

転職するには、転職サイトの登録をするなどして、幅広く情報を得るようにしましょう。まだ会社をやめていないうちから登録してどんな求人があるか前もって知っておきましょう。他社にない求人もあるので、よりよい条件の会社に転職できるよう、転職サイトには複数登録しておくといいです。

転職サイトの登録がまだの人は、こちらから

>>>転職サイトのいろいろの記事ページへ