業界の未経験者は採用してもらえない?

現在、求職中だという人に話を聞いたのですが、やってみたい職種があるのだが、中途採用となると、やはり経験者が優遇されるのですよね?と少し心配していました。

 

たしかに、もし同じ時期に面接を行っていてひとりしか採用しないという場合、その業界での経験者がある人とない人とでは経験者がある人を採用するでしょう。

私自身も採用の仕事を手伝った経験がありますから、そのような傾向があることはわかっています。しかし、その会社の社風にあわないような人が面接に来たのなら経験があっても採用に踏み切るか考えてしまいますし、経験がなくても人柄がいい、熱心さがあるなどですと最終まで残ることも充分ありえます。

 

現在の転職市場の良さから、転職関係の会社の人に聞きますと、以前は、経験者が優遇されていましたが、未経験者歓迎の会社も増えてきているとのことです。

とにかく、人手不足が深刻なので、経験者のみ、としていたら募集しても人が集まらないという状況になってきているからでしょう。

 

今まで事務職しかやったことがないが営業をやってみたいとか、販売職しかやったことがないが、事務職をやってみたいとかかなり違った職種に移りたいという人もいますし、ある程度似たような職種、たとえば、販売職と営業職のような「何かを売る」という点が似ている場合は、基本的な経験が生きることもありますから、採用する側もかなり有力候補にするでしょう。

 

さらには、もう先の転職のことを見越して、今のうちに仕事を覚えてしまおうと、これからのキャリアが長くなりそうな職種を選んでいるという人もいるそうです(これはプログラミングとか、ネットに関する職種が多いようです)。

未経験者歓迎でも、注意すべき点あり

ただ、注意すべきことは、単に人集めのために未経験者歓迎としている会社もある、ということです。

あまりにも、募集をかけても人が集まらない結果、そうならざるを得ないという会社もあります。

 

また会社によっても、未経験者でも社会人の経験があればできる仕事だから、未経験者可能としているのか、それとも、関連性のある職種ならOKだとか、その職種に対して熱心な人のみ採用なのかという点についても会社ごとに状況は違っています。そこの見極めが肝心です。

 

上にも書きましたが、会社側からみますと、例えば、営業職の求人で、今まで販売職しかやったことがないが、接客になれている、人にモノを売るということはどんなことなのかがわかっている、という人なら、未経験者でも当然、採用することでしょう。

 

その一方で、今まで機械あいての仕事だけだったが、生命保険のセールスをやる、となりますと、採用する人事のほうでもいささか心配になります。応募の際に、どうしてこの職になりたいのか、いろいろと聞かれることになりますし、それなりの相手を納得させるだけの理由がないと、どうしても二の足を踏むことになります。

 

自分がいままで機械あいての仕事ばかりしてきたが、人間相手の仕事をしてみて実感がほしい、営業職として自分がどれくらいまで成績をあげられるのかチャレンジしたいのようなポジティブな思い、熱意が感じられる志望動機なら、企業の側からも一考の余地があるでしょう。

 

会社のほうから積極的に言ってくる場合、未経験者でいいからと、どんな人でも採用します!とあまりにもいうのであれば、疑ったほうがいいかと思いますよ。人が定着していないから、という裏事情があるのかもしれませんからね。

 

どんどん人が辞めていくような会社でしたら、それこそ未経験者だろうがなんだろうが、人を採用していかないといけませんからね。あまりに求人が出て来る頻度が多い会社は要注意です。これは、ハローワークで求人が出てくるのをみていたり、転職サイトに登録して状況をみていたりすると何度も求人を行っている会社がわかってくるはずです。あれ、この会社、前にも求人が出ていたはずなのに、ということがわかってきます(中には、本当に業績好調で、採用に積極的ということもありますが、ある程度転職サイトで採用状況を見慣れてくるとわかってくるはずですよ)。

就職氷河期世代で正社員としての経験がないという場合

また、別の意味での未経験、中には就職氷河期世代などで、アルバイトとしてなら、経験あるのだが、正社員としての経験がなくて、心配だという人もいることでしょう。

 

その場合、同じ業界、似たような業界なら比較的うまく転職できているようです。特に、今のこの売り手市場の時なら余計です。

だからこそ、今まで正社員になったことのない人は、現在の売り手市場の時になんとか正社員の職についておいたほうがいいのです。

 

これほどまで、転職市場が活性化して人手不足が言われる時期ないでしょう。あと3年は続くと私個人はみていますが、その後は、どうなるかわかりません。企業も人手不足を傍観しているだけではないでしょうから、当然、AI化、ロボット化をすすめると思います。人がいらない時代になっていくかもしれません。

 

しかし、ここ3年くらいはいくらなんでも急激に働く人がいらなくなる時代、となるような画期的なことにはならないと思います。ただ、就職氷河期世代で正社員になれなかった人たちは、今のこの時期を逃さないようにしたほうがいいと思うのです。今いる職場で正社員にしてくれる制度がないかどうかまずは確認してみましょう(最近は、会社側も人手不足をわかっているので、正社員に転換する制度をつくり始めているところもあると聞きます)。

 

そのような制度がない場合は、転職も視野にいれてください。人間は居心地がいいとなかなか行動に移すこと、職場を変えることができませんが、不安定な職のままでいるよりは、長い目で見て将来のことを考え、思いきることも大切かと考えます。


転職するには、転職サイトの登録をするなどして、幅広く情報を得るようにしましょう。退職してから考えればいい、というのでは遅すぎます。会社をやめていないうちから転職市場を知るために、登録してどんな求人があるか前もって知っておきましょう。他社にない求人もあるので、よりよい条件の会社に転職できるよう、転職サイトには複数登録しておくといいです。

転職サイト各社への登録がまだの人は、こちらから

>>>転職登録サイトの記事ページへ