転職理由は9回連続で変わらず「ほかにやりたい仕事がある」

転職理由などインテリジェンスが運営する転職サービスであるDODA(デューダ)による「転職理由」の調査結果が出ていました。

 

2017年5月23日付、ニュースリリースはこちら

転職サービス「DODA(デューダ)」転職理由ランキング発表「ほかにやりたい仕事がある」が9回連続1位 | 株式会社インテリジェンス

 

転職理由だけに絞っていますが、かなり興味深い調査結果だったので今回のブログで取り上げてみたいと思います。

ビジネスパーソン約3万5,000人を対象に実施した「転職理由ランキング」ということですから、かなりの規模になりますので、傾向がつかめると思います。

今回の調査期間は2016年10月~2017年3月の半年間です。

 

総合結果としては、「ほかにやりたい仕事がある」が12.8%で、9回連続で1位となりました。いつの時も変わらずに、この理由が1位ということです。

 

この「ほかにやりたい仕事がある」という転職理由は、2012年から第1位ということですからリーマンショックから数年後からの理由になりますね。雇用状況が持ち直しつつある時から1位の理由となります。

他にやってみたい仕事があるから転職しよう、ということなのです。

 

以下、2位が「会社の将来性が不安」ということで9.7%、3位が「給与に不満がある」ということで8.0%でした。

数字的には、どれかの理由が突出しているということではなく、どれもまんべんなく理由に掲げているようでした。

 

調査結果には前回との比較も出ていました。今回1位の「ほかにやりたい仕事がある」は0.2ポイント下がっていますが、2位と3位の会社の将来性が不安や、給与に不満がある、という理由は、それぞれ0.3ポイント増加していました。

 

「専門知識・技術を習得したい」とか、「幅広い経験、知識を積みたい」、「市場評価をあげたい」というようなポジティブな面での転職理由がどれも減っていまして、どちらかと言うと、待遇改善のために転職したいという希望が増えているように感じました。

 

3位の「給与に不満がある」もそうですが、「残業が多い/休日が少ない」が4位ですし、「U・Iターンしたい」が5位です。10位になっていましたが「土日祝日に休みたい」も増加していました。

 

最近の雇用状況が改善されたという面もあると思います。ムリして働くよりも、条件のいいところに移りたいという希望がわかるかと思います。このような傾向はこれから人材を採用したいという会社にとっても参考になる点だと思います。

 

倒産、リストラ、契約期間の満了のような「会社都合」での理由は下位に

その半面、2009年ころのリーマンショックから数年間は「会社の将来性が不安」が1位ですし、「倒産、リストラ、契約期間の満了」という如何ともしがたい理由が比較的上位にありまして、2位だったり、3位だったりしていました。

 

業種別の結果も出ていまして、8業種の業界に分かれていました。メーカーだけが「会社の将来性が不安」が1位になっていましたが、それ以外の7業種は「ほかにやりたい仕事がある」が1位になっていました。

 

ただ、その7業種でも「商社・流通」で1.2ポイント増の2位、「金融」で1.1ポイント増の2位が「会社の将来性が不安」となっていました。

 

ちなみに、調査結果では8業種にわかれていて、「IT・通信・インターネット」「メディア」「金融」「メディカル」「メーカー」「商社・流通」「サービス」「小売・外食」となっていました。

 

それと私が注目したのは、「IT・通信・インターネット」の第2位の理由です。「給与に不満がある」が前回から0.8ポイント上がっています。1年前の2016年5月の調査と比べると2.0ポイントも上がっているそうです。

 

IT系の転職事情はかなりの求人倍率になり、人手不足が顕著です。それに関してはこちらのブログで何度も書きました。IT系の知識を持っている人なら好条件で転職も可能なので、給与に不満があれば比較的転職へと行動に移す人も多いと思います。

 

転職先でさらに専門知識を活かすようにするとまた、好条件で転職できるという転職市場での立場としては恵まれた環境にあると思います。

 

女性の場合「雇用形態を変えたい」があり

男女別の転職理由も分かれていました。

男性の場合は、1位から10位をみても入っていない理由、「雇用形態を変えたい」が女性の5位にありました。

結婚や出産を契機に雇用形態を変えようかと考える人もいるのでしょう。

 

年代別では転職理由にも違いがあります

そのほか、もう少し詳しい調査結果もあったので、年代別のものをみていました。

20代では、「給与に不満」というのが2位にありますが、「会社の将来性が不安」は4位となっていました。

それに対し、40代の理由では「会社の将来性が不安」が1位です。「給与に不満がある」は4位になっていました。

 

給与に不満があるというよりは、若い頃に入社したけれど会社の状況が変わったという人もいるのでしょう。会社の将来性が不安という理由が1位となっています。大企業でも安泰とはいえない時代ですから、このような理由も考えられるわけです。

 

興味を持った方は、ぜひ、上記の調査結果のページで詳しい調査結果をご覧ください。


転職するには、転職サイトの登録をするなどして、幅広く情報を得るようにしましょう。退職してから考えればいい、というのでは遅すぎます。

会社をやめていないうちから転職市場を知るために、登録してどんな求人があるか前もって知っておきましょう。

他社にない求人もあるので、よりよい条件の会社に転職できるよう、転職サイトには複数登録しておくといいです。

転職サイト各社への登録がまだの人は、こちらから

>>>転職登録サイトの記事ページへ